<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

チハルさんの針山

先日、近くの百貨店でたまたま立ち寄った九州の和雑貨「あしあと」というお店。

元々お店は骨董品屋さんだったそうで、時代物の趣味の良い端切れで丁寧に作られた小物やお人形が置かれていて思わず足がとまる。

中でも、カゴに入った色とりどりの小さい針山がかわいくて・・・

針山はいくつか持っているけれど、こんなのは初めて見ました。
どれもそれぞれ素敵で、さんざん迷って3つ購入。



a0229628_1465078.jpg


               それにしても、こうして写真に撮ってみると地味な色ばっかり選んでる。
                    朱いカワイイのもいっぱいあったのに・・・(-_-;)


a0229628_1412147.jpg


           こうして指にかけて使います。しつけなしで、まち針だけでミシンを掛ける人には、とっても便利!
            しかも、この土台は、ペットボトルのふた を使ってるんです。でも、生地やリボンがシックで素敵でしょう。



これを作られたのは、「あしあと」の娘さんで、今は石川県の輪島にお住まいの加波千晴さん
個展を開かれたり、人形教室も主催されている人形作家さんです。


a0229628_14533763.jpg


a0229628_21335590.jpg


               さすがは骨董品屋さんのお嬢さん。生地を選ぶセンスが抜群です。


千晴さんは、ショートカットの似あうきびきびした美人でとても気さくな人。
話しているうちにお互いにFacebookに登録してることがわかり→早速、お友達に。


素敵な人との縁をむすんでくれた、ちいさな針山に感謝です。
[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-30 15:31 | 縫イモノ

引き出しさん、ようこそ

最近、骨董市では和ものが好きです。それも実際に使える生活骨董。

予算は一回につき5千円までと決めていて、お金はあんまりお財布にいれて行きません。

そうすれば絶対に気が大きくならないし(いや、なれないが正しい)、掘り出し物を探そうとする目が真剣になって好みのものがフーーッと見えてくる。そして、値引きの交渉もうまくいく。

不思議なもので、こちらがお金を持ってると業者さんはプロ、わかるんですね。余りまけてくれません。

でも、本当にそれしかお金がなくて、それでも、「どーしても、これが欲しいからお願いします 007.gif 」
と懇願すると、通じる。

骨董市の一番の楽しさは、こんな駆け引きなのかもしれませんね。


             
               さて、先月の骨董市では、こんな小引き出しを買いました。




a0229628_21134364.jpg

               一番上の金具がひとつ、違っているのが良いカンジでしょう


a0229628_21141376.jpg

                    中の敷き紙も雰囲気があります

a0229628_21142870.jpg

                  この後ろの文字がなんとも良いではないですか!

a0229628_21143725.jpg

                    とりあえず、電話台にしてみました。



ちなみに値段は三千円。市に通いだした七、八年前はとてもそんな値段では買えなかったのに。
買い手にとっては嬉しいコトですが、業者さんは大変だろうなぁ。

この先もタナコの和ブームは続きそうです・・・
[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-28 21:45 | 古イモノ

ミシンの嫁入り

昨日はお昼過ぎまで用事があって、いつも行く月イチの骨董市に着いたのは午後2時前。

中にはもう商品を片付けはじめているお店も。

でも、骨董市はこんな終いかけの時が面白い。
持って帰る荷物をなるべく軽くしたい業者さんが「安くするから何かいらんかぁ?」と次々声を掛けてくる。

うーーーん、来たばっかりだから取りあえず見て回りますね、とグルッと一周。

そしてやっぱり顔なじみのご夫婦のお店へ。ここが一番信頼できて話しやすい。

「タナコさん、すごく良い手回しミシンあるけど、いらない?半額にするから。」

どれどれ。見ると、ケースもついて、ちゃんと動く美品ではないですか。しかも、安い。一万円 005.gif

ちょっと心がひかれるものの、私はアンティーク・ミシンをすでにひとつ持っているので、妹にメールすると
→速攻「いる!」という返事。

買って帰りましたよ。 重たいのに!!


                 これがそのミシンです。

     見てると譲るのが段々惜しくなるので、さっさと宅急便で送ってしまいます015.gif


a0229628_20494999.jpg


a0229628_20502127.jpg

            レバーを回すとボビンまで動きます。糸を掛けると縫えるカモ?

a0229628_20504182.jpg

               ボビンの上のカバーがない所だけがザンネン・・・

a0229628_2050542.jpg

              ケースも綺麗。お部屋のインテリアにお洒落です。


            手回しミシンさん、どーぞ可愛がってもらってね。 バイバイ 010.gif


           
[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-26 21:12 | 古イモノ

ウチの麗子ちゃん

めっきり涼しくなって、食欲・・・じゃない「芸術の秋」です。

てっとりばやく芸術を味わうなら、なんといっても美術館!

丁度、大阪市立美術館では「麗子がいっぱい。生誕120周年記念 岸田劉生展」をやっているので
来週にでも行きます。

麗子像は、学校の美術の本で見た時、正直「気持ち悪い。ちょっとコワイ・・・」と思ったものですが、
実際に見ると、とても美しい。父、岸田劉生の愛娘「麗子」への愛しさに溢れています。

あー、楽しみだなぁ。

そして、我が家でもそれに合わせて(?)「麗子ちゃん」を出してきました。


a0229628_21591486.jpg



若き頃、麗子像に深く感銘を受け、
「あんな絵を部屋に掛けてみたい。でも、買うのは無理だから→仕方ない。自分で描こう・・・」
と描いたタナコの力作です。



               え、どの辺が麗子なのっかって???


a0229628_2262729.jpg



                      えーーーっと・・・・・・・・・・・


a0229628_2271293.jpg



                      おかっぱが・・・・です 008.gif


      す、すいません。これはあくまで「ウチの麗子ちゃん」ですから許してください。


                    本当の麗子ちゃんはコチラです
[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-23 23:35 | 絵ノコト

シカクにはマルなんだね


墨やら紙やらが足りなくなったので、大阪市内の書道用品の問屋さんに行ってました。

まずは、目的のものをカゴに入れ、その後店内をウロウロ。
丁度この期間は「額フェア」というのをやっていて、なんでも額が来月から一斉に新価格になるらしい。
でも、今月までは旧価格、更に今ならその2割引きだというコト。

そうなのか・・・ ならば何か買って帰ろうか 039.gif

あれこれ見ていると、側にいた年輩の女の人が「あのー、この書に合う額を探してるんですけど、どれが良いでしょう。たくさんあり過ぎて分からなくて。」と声を掛けて来られる。

「はい、どれどれ。どんな書ですかー?」

こういう時の私は、もうメラメラ燃えます。016.gif

その額は、どんな部屋に飾るのか。洋間なのか、和室なのか。部屋の広さはどのくらいか。
中身を入れ替えるとしたら、どんなものを入れるのか。

いっぱい質問するので、最初は面食らわれますが、そのうち勢いに負けてか
「もう、おまかせ致します。」といわれ、益々燃えるわけです。
私は最高の一点を親身になって選びます。その辺の店員さんには負けません。

果たして、女の人は「貴方のお蔭で良かったわ。ありがとう。」と笑顔でレジへ。

私も嬉しくなり見送っていると、今度は別の女の人が「私のも選んでもらえませんか。」と来られる。

はい、はい、もちろん喜んでー。

あー、今度働くなら額屋さんが良いなあ。一生懸命働くけど。


楽しい時間を過ごし、最後に自分のものを。
以前、骨董市で買った日本画の色紙にどうもしっくりくるのがなかったので丸い木の額を連れて帰りました。

これが、良かった。四角い色紙には、やっぱり丸い額が合うんだね。

展示品だったので、ほどよく傷みがあって、逆にそれが色紙の古さになじんだのも良かった(笑)


早速、廊下の突き当たりに掛けてみました。



a0229628_243624.jpg
a0229628_2432312.jpg



ウチはますます古臭くなりました。

[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-21 03:05 | 絵ノコト

とりあえず吊るしてみました

a0229628_1028216.jpg


去年、骨董市から連れて帰ってきたグリーンのゴブラン織りのテーブルクロス。
フリンジもまったく痛みがなく、洗ったら本当に素敵になったのだけれど、
いかんせん、わが家は汚し屋ばかり。
こんなものをテーブルに敷いていたらどんな悲しい事になるか・・・

と結局、そのまましまい込んでいたのですが、試しに納戸の奥のスペースにつっかえ棒を渡し
後でまた戻せるようにミシンは使わず安全ピンを使って吊るしてみると

おおーっ、なかなか良いカンジになりました003.gif


a0229628_1044487.jpg

                  このステンドグラスも一応手作り。上手じゃないけど作ったものは使います。


a0229628_10465151.jpg



        壺の模様もアンティーク。

        くしゃみをしたら、ハクション大魔王がでてきそうです・・・

[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-19 11:07 | 古イモノ

この硯はオススメです!!

a0229628_21431417.jpg


先日、今気になるモノとして紹介した「ならや本舗のダイヤ入り多宝菱硯」
友達が注文するというので、私も一緒にお願いしました。

この「ダイヤ入り多宝菱硯」は、商品説明にはこう書いてあります↓


■ ダイヤの粉末を入れた硯面に、斜め格子状の切れ込みを入れることにより従来になく墨のおりが早くなりました。しかも、粘りが少ないため伸びがよく、墨本来の墨色をひきだす硯です


それが本当ならば、これぞ私たちが待ち望んでいた硯ではないですか!!


a0229628_22133822.jpg

              表面はこんなカンジです。いかにも磨れそう。期待は高まる!

いくつか種類があるのですが、私たちは、どうせならと一番大きいサイズの「玄界硯」を選びました。
 (約 21.0㎝×16.5㎝×3.0cm 重量 約 770g 定価21000円。ネットだと14700円)

そして今日は実際に墨を磨ってみることに。タイマーを60分に合わせ、いざスタート。


  スリスリスリスリ・・・ スリスリスリスリ・・・ スリスリスリスリ・・・ スリスリスリスリ・・・


a0229628_22183464.jpg

a0229628_22185519.jpg

a0229628_22191636.jpg


・・・60分後。
すごいです。開始前に18センチだった新品の墨が、一番削れているところで16.3センチに。
これは普通の硯では考えられない早さです。
墨液も、さらっとして粘りがない。また、磨り面の四方にぐるりと溝があるので磨った墨がこぼれにくいのも良い。
重さも軽いので持ち運びも便利と、なにからなにまで使う人の事をよく考えている。
それでこの値段だったら決して高くはないと思います。

友達も「これがあれば、もう墨磨り機はいらない。」と喜んでいました。


                  ならや本舗はコチラ

本当にこれは、オススメです。
もう私に足りないのは、腕だけですね・・・
 002.gif
[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-16 22:53 | 書ノコト

インコさんの帽子

a0229628_2321246.jpg

先日ここで話したぺこちゃんが企画するライブでは、帽子デザイナーの吉田インコさんの手作り帽子が売られます。

これが大人気で、会場には帽子を目当てに早い時間から駆け付けるファンもおられるそう。

丁度、ぺこちゃんとコーホさんとご飯を食べた時に、
「今朝、ダンボールで届いて、まだ未開封で車に乗ってんねんけど・・・・見る?」と聞かれ
コーホさんと私「見たい、見たい!!!」と前のめり。

でも、どこで見る。駐車場は暑いし・・・ というコトで、ショッピング・モールの踊り場で開けてみました。(阿倍野キューズ・モール様、私たちの自由さをどうぞお許しください)

女3人、やおら箱を開けて→全部ベンチに並べてみる。

おー、カワイイ&個性的!どれも糸から染めた一点ものばかり。

感動しながら写真を撮り、撤収。

その写真がこれなんですが、実際に被った方が100倍良いカンジです。

もっとよくわかる画像はインコさんのところで是非見てみてください。

そして、ライブ会場にも足を運んでください。

ちなみに私はシンプルなブラウンのニットをお願いしました。オーダーも可です。



a0229628_2355148.jpg
a0229628_23552814.jpg
a0229628_2355387.jpg



               吉田インコさんのプロフィール

インコさんは、福島県在住。売上金の半分が福島県の復興にあてられます。
[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-15 00:51 | 友達

中秋の名月

a0229628_10145469.jpg


昨夜は中秋の名月。神秘的なほど美しいお月さまでした。

縁側にススキと萩を活けたものの、お団子は夕方お店に行ったら→売り切れ007.gif

どっちでも良いと思っていたのに、なかったら無念でたまらない。


そんなところに富山の友達が綺麗な写メを送ってくれました。

彼女の活けるお花は、品があって凛としてて本当に素敵。いつもありがとう。

私の自慢の幼なじみです。(お月さまの写真も、富山からです)


a0229628_10252973.jpg

[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-13 10:51 | 友達

友達二人

昨日会った女友達、コーホさんとぺこちゃん。二人とも私の大好きな人。

■ コーホさんこと皇甫純圭さんは「歌うデザイナー」
昔、同じ会社で働いていました。私は仕事を辞めてしまったけれど、彼女は今も仕事をしながら歌をうたっています。コツコツひたむき、とてもカワイイ人。

この7月に発売になった「SPIRITUAL VOICES」のアルバム「LIFE」にもヴーカルとして参加。
アルバムの売り上げ金の一部は、東日本の震災で親をなくした子ども達を支援するあしなが募金に寄付されました。

       「LIFE」の詳細はコチラ


■ もう一人、ぺこちゃんは、太陽のようにおおらかな人。

昼間は介護ヘルパーの仕事をし、一方で東日本復興支援ライブの企画を立ち上げる音楽事務所を持つ。
私からみればまったく違うことのようなんだけど、多分ぺこちゃんの中では「困っている人がいたら助けなあかんやん!」って基本は同じなんだと思う。

とにかくぺこちゃんとご飯を食べていると可笑しくて笑いっぱなし。
たとえば昨日、ランチを食べた韓国料理屋さん。
キムチとチヂミがおかわり自由だったんだけれど、追加をお願いする時に

「いやーーん、このキムチ、美味しいやん♪ちょっとコレ、どないして作ってんの。ほんまに、ほんまに美味しいわー。ごめん、おかわりちょうだーい003.gif

キムチひとつをこんなにも褒める。もちろん美味しいからなんだけど、言われた店員さんの顔はパッと明るくなって、ルンルン持ってきてくれるって具合です。
ぺこちゃんの言葉は魔法!周りにいる人がどんどん幸せになっていく。


「どんな人も一日二十四時間、与えられた時間は一緒やん。笑ろて暮らしてる方がええやろ。」とカラカラ笑ってばかりだけれど、実はすごい波乱万丈な人生を送ってきてて、私は甘えてるって思う。ライブのため日夜西へ東へ奔走しています。


       ぺこちゃんのブログはコチラ


a0229628_23471082.jpg


美味しい石焼ビビンバと冷麺を食べて、いっぱいおしゃべりして楽しい時間を過ごしました。

ありがとう。また会おうね。


次回は帽子のハナシです。

[PR]
by tanakokoro-06 | 2011-09-12 00:14 | 友達


書道、絵手紙、縫い物などの手しごと備忘録です。


by tanakokoro-06

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
書ノコト
絵ノコト
家ノコト
縫イモノ
友達
古イモノ
折リ紙
未分類

以前の記事

2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

美術の森tarutaru...
無所不刻
nana's photo...
雲平筆ブログ
atelier la*p...
naminui
おくだ文化学院だより ...

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

明日は子どもの日
at 2014-05-03 23:12
5月から復帰します
at 2014-04-26 13:49
もうじき退院
at 2014-04-25 16:39
続 骨を折って折り紙折って
at 2014-04-25 04:02
骨を折って、折り紙折って…
at 2014-04-03 15:06
クララに負けるな
at 2014-03-28 19:27
手術から五日経ち・・・
at 2014-03-24 12:29
入院5日目、手術前夜
at 2014-03-18 23:35
入院三日目
at 2014-03-16 11:58
ひと針 ひと針
at 2014-03-15 11:02

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

絵日記・イラスト
アート・デザイン

画像一覧